バ (ノ・ルーズ)と

    していま。春分の日は三二十一日に当たることが多いもの

    年によっ前後することがあるた、その場、春分を起として

       ・ルー、閏、断食の始まる日が変わります。

 

     閏日(うるうび)の祈り

 

        ( 断食の期間が始まる直前の四、または五日間を閏日と言い 

   断食のための準備を行うと共に、もてなし、     慈善行為、     贈り物などをする時期です。   )

 

 、わが炎におわ、わが光にまします君。あなたが聖典中閏日(うるうび)と名付け給いました期間が始まりまし。おおすべての名の王にします君。あなたの最も崇高なペンが創造の世のすべての者に(めい)給うた断食の期間が近付いております。主よこれらの日々にかけて、 また、この期間、あなたのご命令の御綱(みつな)にすが、ご教訓の()()を握りめる者みなを通じて嘆願いたしま。すべての者の魂があなたの神聖御宮居(おんみやい)に場を与えら、あなたのお顔の光明の輝きが出現するそこに座を(たまわ)ることができますようなし給え。

 おおわが主。これらの者、いかなるよこしまな考えによっても、あなたがご聖典に下し給いましたことに向かうことを妨げられない(しもべ)でありま。彼らはあなたの大業の前にひれ伏、あなたから生じる固とした決意をもって聖典を受けと、あなたが(めい)じ給いましたことを守り、下し給いましたことへの服従を選びました。

 おおわが主。あなた、聖典中に示し給いましたことのすべてをらがいかに認

それを告白しているかを見給。おおわが主。あたの永遠性の清水、ご恩寵(おんちょう)の御手より彼らに飲ませ給。そしなたの御前の大海原に自らを沈、あなたとの会見の選り抜きの美酒にあずかった人々のために定め給う報酬を彼らに書き与え給え。

 お、王の中の王にましま、踏みにじられた人々を(あわ)れみ給う御方よ(しもべ)らに現世と来たるべき世の良きものを定め給うよう懇願いたします。更にま、あなたが創り給うたいかなる者もいまだ見たことがなことを彼らに書き与、あなたを取り巻、あなたの諸々の世界を通てあなたの玉座(ぎょくざ)の周囲を行く人々の中に彼らを数え給。まことなたは全能者におわ、すべてを知り給、すべてに精通し給う御方にまします。

                                    バハオラ